世界の金融政策当局者が一堂に会する米カンザスシティ連銀主催のジャクソンホール・シンポジウムが明日までの日程で行われており、本日は米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が登壇する。

 トランプ米大統領はFRBの利上げ継続姿勢を「気に入らない」と批判しており、仮に議長が利上げのペースダウンを示唆するようなら、市場はFRBが政治圧力に屈したと評価してドル売りを活発化させるだろう。もっとも・・・・

続きを読む