ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス <6575> (東マ)は、人材紹介事業とメンタルヘルスケア事業を展開している。19年3月期第1四半期は減収減益だったが、通期は増収増益予想としている。株価は第1四半期業績を嫌気して急落したが、売り一巡感を強めている。
 
■人材紹介事業とメンタルヘルスケア事業を展開
 
 18年4月東証マザーズに新規上場した。人材紹介事業とメンタルヘルスケア事業を展開している。
 
 人材紹介事業は、特色のある事業会社3社が、ミドルマネジメント以上の人材紹介に特化して事業展開している。メンタルヘルスケア事業は、メンタルヘルス対策の一次予防(不調者発生予防)から、二次予防(早期発見・早期対応)、三次予防(再発防止)までワンストップでサービスを提供している。
 
■19年3月期1Q減収減益だが、通期は増収増益予想
 
 19年3月期連結業績予想は、売上高が18年3月期比12.3%増の21億87百万円で、営業利益が10.0%増の2億81百万円、経常利益が9.3%増の2億81百万円、純利益が3.8%増の1億82百万円としている。
 
 需要が高水準に推移して増収増益予想である。売上高は人材紹介事業が13.7%増収、メンタルヘルスケア事業が10.5%増収の計画としている。人材紹介事業におけるコンサルタントの積極採用・育成、大阪支店の新設を含めたエリア拡大、メンタルヘルスケア事業におけるサービス強化、自社開発のストレスチェックシステムへの継続的投資、戦略的M&Aの活用などを推進する。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比13.6%減の3億98百万円で、営業利益が92.4%減の4百万円だった。人材紹介事業が好調だった18年3月期第4四半期の反動で18.6%減収、メンタルヘルスケア事業がストレスチェック売上の期ズレで4.7%減収となり、ガバナンス強化に伴う費用増加も影響して減益だった。ただし概ね計画水準としている。第2四半期以降の挽回を期待したい。
 
■株価は売り一巡感
 
 株価は2000円近辺でモミ合う形だったが、第1四半期業績を嫌気して急落し、8月14日に1220円まで下押した。その後は1300円近辺で推移して売り一巡感を強めている。8月23日の終値は1340円、今期予想連結PERは約22倍、時価総額は約40億円である。反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)