ピクセラ <6731> (東2)はPC向けチューナーなどを主力とするコンピュータ周辺機器メーカーである。4Kテレビ対応セットトップボックス(STB)など新分野の育成も強化している。18年9月期第3四半期累計は赤字が拡大した。通期はSTBの出荷が下期に本格化して黒字予想としている。株価は通期下振れ懸念を織り込んで売り一巡感を強めている。
 
■4Kテレビ対応STBなど新分野を育成
 
 PC向けチューナーなどを主力とするコンピュータ周辺機器メーカーである。そして4Kテレビ対応STBなど新分野の育成を強化している。
 
 18年5月には家電の企画・製造を展開するA-Stage社を子会社化、18年7月には民泊・ホテルを運営するオックスコンサルティング2を持分法適用関連会社化すると発表した。
 
■18年9月期3Q累計は赤字拡大、通期は黒字予想
 
 18年9月期連結業績予想は、売上高が17年9月期比44.9%増の35億12百万円、営業利益が57百万円(17年9月期は19百万円)、経常利益が27百万円(同18百万円)、純利益が14百万円(同7百万円)としている。
 
 第3四半期累計は前年同期比2.8%減収で、利益は赤字が拡大した。通期ベースでは、下期に大手事業者向けSTBの出荷が本格化して大幅増収、利益黒字予想としている。通期下振れに注意が必要だが、19年9月期の収益改善を期待したい。
 
■株価は売り一巡して底打ち期待
 
 株価は通期下振れ懸念を織り込んで売り一巡感を強めている。8月15日の年初来安値115円から反発し、8月20日には135円まで上伸する場面があった。8月22日の終値は128円、時価総額は約67億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線が戻りを押さえる形だが、売り一巡して底打ちを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)