フェローテックホールディングス <6890> (JQ)は半導体等装置関連事業、太陽電池関連事業、電子デバイス事業を展開している。半導体等装置関連事業が牽引して19年3月期増収増益予想である。そして第1四半期も順調だった。株価は年初来安値を更新する展開だが売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
 
■半導体等装置関連事業、太陽電池関連事業、電子デバイス事業を展開
 
 半導体等装置関連事業(真空シール、金属加工製品、マテリアル製品など)、太陽電池関連事業(シリコン結晶製造装置、シリコン製品など)、電子デバイス事業(サーモモジュール、パワー半導体用基板、磁性流体など)を展開している。真空シールは世界シェア約6割である。
 
■19年3月期増収増益予想で1Q順調
 
 19年3月期連結業績予想は、売上高が18年3月期比8.2%増の980億円、営業利益が16.2%増の98億円、経常利益が18.7%増の85億円、純利益が97.9%増の53億円としている。半導体等装置関連事業の好調が牽引する。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比9.0%増の226億72百万円、営業利益が19.4%増の27億07百万円、経常利益が2.2%増の17億85百万円、純利益が26.2%減の6億83百万円だった。太陽電池関連事業が30.8%減収、電子デバイス事業11.7%減収と低調だったが、半導体等装置関連事業が21.2%増収と好調に推移した。
 
 通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高23.1%、営業利益27.6%と順調である。半導体等装置関連事業が牽引して通期ベースでも好業績が期待される。
 
■株価は売られ過ぎ感
 
 株価は4月の戻り高値2844円から反落して水準を切り下げ、第1四半期業績に対してもネガティブ反応となって年初来安値更新の展開だ。8月16日には1288円まで下押した。
 
 ただし日足チャートで見ると25日移動平均線に対するマイナス乖離率が10%を超えて売られ過ぎ感を強めている。8月20日の終値は1363円、今期予想連結PERは約10倍、時価総額は約506億円である。反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)