カレー専門店「カレーハウスCoCo壱番屋」の店舗運営およびフランチャイズ(FC)展開などを手掛ける株式会社壱番屋(愛知県一宮市)は、「カレーハウスCoCo壱番屋」のベトナム1号店をホーチミン市に初出店した。同店はFC店となる。

  ベトナム1号店「カレーハウスCoCo壱番屋ランドマーク81店」は、ホーチミン市ビンタイン区にある国内最高層ビル「ザ・ランドマーク81(The Landmark 81)」内の商業施設「ビンコムセンター・ランドマーク81(Vincom Center Landmark 81)」に入居している。

  席数は78席で、約40種類のカレーメニューのほか、サラダ、各種飲料を提供する。客単価は約16万VND(約760円)を想定。カレーメニューは、日本と同様にトッピングやご飯の量、カレーの辛さを選ぶことで、自分好みのカレーにカスタマイズすることができる。

  ベトナムでは、現地の事業会社で丸亀製麺やちよだ鮨を展開・運営する「Vロータス・インベストメント(V Lotus Investment)が壱番屋のフランチャイジーとなり、店舗を展開・運営する。同社は今後5年間でベトナム国内に「カレーハウスCoCo壱番屋」10店舗程度を展開する予定だ。

  なお、ベトナム1号店のオープンにより、「カレーハウスCoCo壱番屋」の店舗数は、日本国内が1263店舗、海外が11か国・地域で160店舗となった。(情報提供:VERAC)