サンコーテクノ <3435> (東2)は、前日16日に6円安の1187円と変わらずを含めて3日ぶりに小反落して引けた。前日朝方に日経平均株価が一時、中国の景気鈍化懸念でフシ目の2万2000円台を割ったことから、7月23日につけた年初来安値1122円から底上げ途上にある同社株にも目先の利益を確定する売り物が出た。ただ反落幅は限定的であり、今年8月9日に発表した今2019年3月期第1四半期(2018年4月~6月期、1Q)決算が、前年同期に続いて2ケタ増益で着地し、今3月期通期業績も、連続増収増益と予想されていることを見直し、下げ過ぎとして押し目買いが続いている。
 
■五輪・再開発工事向けに主力製品が好調に推移し今期1Q業績は連続2ケタ増益
 
 同社の今2019年3月期業績は、売り上げ168億円(前期比2.9%増)、営業利益12億円(同3.5%増)、経常利益12億1000万円(同4.1%増)、純利益8億3500万円(同4.8%増)と3期ぶりに増収増益転換した前期業績に次ぎ続伸が予想されている。2020年に迫った東京オリンピック・パラリンピックを控えて首都圏を中心に関連工事や再開発事業が活発化し、さらに老朽化したインフラ改修・保全工事も増加しており、シェア約50%と業界トップの金属系あと施工アンカーが順調に推移し、機能材事業でも、アルコール測定器が、鉄道・バス会社向けに伸び、歩道橋補修システム用の紫外線硬化型FRPシートが、今年1月に国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」に登録されたことなどが要因となる。
 
 この立ち上がりの今期1Q業績は、前年同期比1.6%増収、59.1%営業増益、61.3%経常増益、93.6%純益総益と前年同期と同様に2ケタ増益と好調に推移した。金属系あと施工アンカーを展開しているフアスニング事業の売り上げが、公共事業の伸び悩みを民間工事の増加でカバーして同5.8%増と伸び、セグメント利益が同13.4%増、機能材事業でアルコール測定器や電動油圧工具関連の販売が好調に推移したことなどが寄与した。なお同社の今期配当は、年間24円(前期実績22円)と連続増配が予定されている。
 
■低PER・PBR修正で年初来調整幅の半値戻しの1株純資産水準を目指す
 
 株価は、FRPシートの「NETIS」登録に前期末の配当・株主優待制度の権利取りが続いて年初来高値1496円まで買い進まれ、1200円台固めを続けたが、米中貿易戦争勃発を懸念した数次にわたる世界同時株安が波及して下値を探り、年初来安値1122円へ調整した。同安値水準では値付き難となったが、PERは11倍台、PBRは0.8倍、配当利回りは2.02%と下げ過ぎを示唆しており、底上げに転じた。年初来高値から同安値への調整幅の半値戻しが1株純資産1393円水準となっており、まずこの半値戻しを目指そう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)