トルコに対する不安がやや後退したことに加え、米中貿易問題で対話の場が持たれるとの報道でドル円は反発。111円12銭までドル高が進み、その後やや押され、110円80-90で銭引ける。ユーロドルも反発。前日1.13割れ目前まで売られたユーロは1.14台まで買い戻しが優勢に。トルコ情勢がやや好転したことで対円でも買い戻しが進んだ。

 株式市場は大幅に反発。ウォールマートの決算や米中通商協議の再・・・・

続きを読む