ドル円は111円台から再び反落。米国とトルコとの関係がさらに悪化するとの見方からドル円は110円44銭前後まで下落。その後株価がマイナス幅を縮小したことで、110円70-80銭近辺までドルの買い戻しが進む。ユーロドルの下落は止まらず、一時は1.1301までユーロ安が進む。ユーロは対円でも125円を割り込む。株式市場は米国とトルコの関税報復合戦を嫌気して売られる。ダウは一時300ドルを超える下落幅を記録したが・・・・

続きを読む