国際紙パルプ商事 <9274> は、6月26日に東京証券取引所市場第一部に上場。同社は、1924年(大正13年)に創業。紙・板紙・紙加工品・パルプ・古紙・化成品・紙関連機械・包装資材・その他関連商品の売買及び輸出入ならびに不動産の保有、賃貸、倉庫業を行っている。
 
 国内拠点の拡充に加え、東南アジア・豪州・北米へ進出するなど、早くから海外・国内それぞれのマーケットを見据え、徹底した顧客志向で成長している。時代の変化にいちはやく対応し、合併等による事業領域の拡大を続け、現在は国内トップクラスの売上高を誇っている。創立100周年となる2024年をターゲットにした長期経営ビジョン「GIFT+1 2024」の実現に向け、事業領域の拡大と海外市場の開拓を念頭に、グループ全体の企業体質強化を目指した体制構築を進めている。
 
 今2019年3月期第1四半期業績実績は、売上高918億1900万円(前年同期比0.2%減)、営業利益3億8100万円(同2.1%増)、経常利益4億7500万円(同25.2%減)、純利益2億7400万円(同33.1%減)に着地。国内においては少子高齢化や電子媒体の普及等により、出版市場の縮小やチラシ・広告の紙離れが加速したため、国内拠点紙パルプ等卸売事業は10.0%の営業減益だったが、海外拠点紙パルプ等卸売事業が営業黒字に浮上、不動産賃貸事業が34.8%の営業増益で、営業微増益に着地。
 
 今19年3月期業績予想は、売上高3828億3500万円(前期比1.4%増)、営業利益22億4600万円(同4.9%減)、経常利益25億3500万円(同17.9%減)、純利益18億1300万円(同25.5%減)を見込む。年間配当予想は、普通配当8円に上場記念配当2円を加えた期末一括10円(同2円増)を予定している。
 
 株価は、6月26日高値470円とから同28日の上場来安値345円まで調整を挟んで7月12日に上場来高値478円と上昇。8月14日安値350円と売り直されて往って来い。公開価格340円に接近し、往って来いとなっており、二番底形成といった感がある。予想配当利回り2.8%と利回り妙味がソコソコある。創立100周年となる2024年をターゲットにした長期経営ビジョン「GIFT+1 2024」の実現に向け、事業領域の拡大と海外市場の開拓を念頭に、グループ全体の企業体質強化を目指した体制構築を推し進めているが、企業間の事業連携による戦略的な取り組みや、ICTなどでの新たなイノベーションに向けた取り組みなど、周辺事業の拡充と海外進出の加速、M&Aによる加工事業の強化に対する期待感がある。ここから底値買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)