ライトアップ <6580> (東マ)は、6月22日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、クラウドソリューション事業とコンテンツ事業を行っている。クラウドソリューション事業が業績牽引IT・人材・販促サービスの開発・仕入・販売により中小企業の黒字化(生産性向上)を推進している。
 
 クラウドソリューション事業では、全国に存在する販売代理店であるパートナー企業を通して、同社のノウハウを元に開発・仕入れた安価で使いやすいWebマーケティング商材等の販売及び企業向けコンサルティングサービスの提供をしている。
 
 コンテンツ事業では、メールマーケティング支援、ソーシャルメディア活性化支援、コンテンツ制作などの各種Webマーケティング支援施策を提供している。
 
 8月10日大引け後に発表した今2019年3月期業績第1四半期実績は、売上高3億3500万円、営業利益4100万円、経常利益2900万円、純利益2700万円に着地。クラウドソリューション事業は、新規パートナー企業の加入に加え、企業向けコンサルティングサービスによる売上も堅調に推移。コンテンツ事業は、コンテンツ制作において新規案件の受注が好調で売上に貢献した。
 
 今19年3月期業績予想は、売上高16億9800万円(前期比5.7%増)、営業利益4億2100万円(同1.1%減)、経常利益4億0100万円(同5.2%減)、純利益2億7800万円(同4.8%減)を見込む。同社においては、クラウドソリューション事業は、公的支援サービスの提供が年度の更新作業等で期初数か月ずれることや、3月に公的支援の申請が集中するといったことから下期に売上が偏重する傾向にる。またコンテンツ事業は、12月および3月に顧客企業に対する納期が集中する傾向にあり、年度の下半期に収益が積み上がる見通し。年間配当は無配を予定している。
 
 株価は、6月22日につけた上場来高値3950円から8月13日に上場来安値2359円と調整。出直る動きとなっている。公開価格の2820円を大きく割り込んでおり、換金売りは一巡し、需給は改善した感はある。経営課題を自動で解決する「Jエンジン」経営支援サービスは、現在会員1万社突破で大ヒットとなっており、ここからリバウンド局面入りとなるか注目したい。情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)