RPAホールディングス <6572> (東マ)は、本年3月27日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、純粋持株会社であるRPAホールディングス株式会社と、事業を担う連結子会社5社で構成され、ロボットアウトソーシング事業、アドネットワーク事業、セールスアウトソーシング事業、コンサルティング事業を展開している
 
 7月13日大引け後に発表済みの今2019年2月期第1四半期業績実績は、売上高17億8400万円、営業利益1億9800万円、経常利益1億9600万円、純利益1億2400万円に着地。ロボットアウトソーシング事業では、既存顧客による既存顧客による「BizRobo!」の追加導入、及び直接販売、パートナー販売による新規顧客への「BizRobo!」の新規導入が順調に推移している。アドネットワーク事業では、既存顧客への提案活動など営業活動に取り組み、受注の維持・拡大が順調に推移している。
 
 今19年2月期業績予想は、売上高72億0700万円(前期比72.1%増)、営業利益6億5800万円(同41.6%増)、経常利益6億5500万円(同45.6%増)、純利益4億3500万円(同48.6%増)を見込む。第1四半期は、ロボットアウトソーシング事業、アドネットワーク事業が好調に推移しており、売上高は当初計画を17.4%上回る見通し。利益面では、「BizRobo!」導入に伴う導入業務、運用・保守業務を行うエンジニアリング業務に関する外注費の増加及びロボットアウソーシング事業の拡大に伴う人材採用費、マーケティング活動強化のための広告宣伝費、人員増に伴うシステム費、オフィス等への積極的な投資を行うこと計画しており、営業利益・経常利益・純利益は当初計画を据え置いている。年間配当は未定としている。
 
 株価は、4月5日につけた上場来の高値19990円から7月30日に上場来安値11000円と調整。11000円どころを下値にモミ合っている。8月6日に同社は、同社の子会社RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/デジタルレイバーとの協働によるWork Life Integrationを体験するイベント「BizRobo!LAND2018」を、9月12日(水)、13日(木)に開催すると発表しており、同社に対する関心が再度高まると期待する。目先処分売りは一巡した感があり、需給は改善しつつある。リバウンド狙いでここからの押し目に注目したい。情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)