ドル円は上値がやや重くなり、昨日は欧州市場で110円84銭前後までドル安が進む場面があり、NY市場でも110円90銭までドルが売られた。米中の貿易摩擦が一段とエスカレートしたことや、英国のEU離脱問題でリスク回避の流れが進んだことが背景。ユーロドルは再び1.16を挟む展開に戻る。1.1620まで買われたものの、切り返して1.1574まで売られる。株式市場はまちまち。米中貿易問題で、中国側も23日から報復関税を発動することが発表されたが、影響は軽微。原油価格が大幅に下げたことで、石油株が売られ、ダウは45ドル安。一方ナスダックは7日続伸。金は続伸。原油価格は在庫が予想以上に増えていたことや、米中貿易戦争が・・・・

続きを読む