6日に一時1.1530ドル前後まで下落したユーロ/ドル相場は、本日は1.1620ドル前後まで持ち直している。ドル買いの流れが一服した事が持ち直しの背景で、ユーロに強材料があったわけではないが、チャート面ではまたしても1.15ドルが下値支持として機能した格好だ。

 ただ、米国発の貿易摩擦はドル高要因との見方が定着しつつある上に、米欧の金融政策スタンスに鑑みれば、このままユーロ高・ドル安がトレンド化するとは考えにくい。1.16ドル台には、日足一目均衡表の転換線(1.1638ドル前後)、日足一目均衡表の雲下限(1.1651ドル前後)、20日移動平均線(1.1656ドル前後)などのチャートポイントが密集しており、この水準が上値抵抗となるか注目されよう。

 下値支持と上値抵抗の幅が狭まれば、「煮詰まり」の状態となり、どちらかに抜ける可能性が高まるのが相場の常だ。ユーロ/ドルもそうした状態に近付きつつあるように見える事から、今後の動向を注視したい。

(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)