ドル円は値幅も出ず小動き。ドルに対してポンドが売られた影響で、ドル円でも円売りが優勢に。111円52銭までドル高が進んだが勢いもなく、111円30-40銭で取引を終える。ユーロドルでもドル買いの流れが続き、欧州市場で一時1.1530までユーロ安が進む。NY市場では1.1537前後が底値だったが、再び1.15割れをテストする雰囲気に。ポンドドルではフォックス英貿易相が国内紙とのインタビューで、英国が無秩序にEU離脱に向かっていると述べたことで、1.2920まで売られ、約11ヶ月ぶりの安値を付ける。株式市場は3主要指数が揃って続伸。バークシャー・ハサウェイの好決算を好感し、金融セクターなどが買われる。ダウは・・・・

続きを読む