ドル円は雇用統計を受け下落。賃金が伸びておらず、ISM非製造業景況指数も軟調だった、さらに長期金利も低下したことで111円11銭まで売られる。ユーロドルも売られ、一時1.1560と、1カ月ぶりの安値を記録。ユーロ圏のPMIが予想を下回ったことがユーロ売りにつながった。

 株式市場は3主要指数が揃って上昇。雇用統計は予想を下回ったものの、3カ月平均でみれば引き続き好調との見方も。ダウは13・・・・

続きを読む