ユナイテッド&コレクティブ <3557> (東マ)は、鶏料理居酒屋「てけてけ」を主力として首都圏中心に飲食チェーンを展開している。19年2月期は新規出店効果などで大幅増益予想である。なお19年2月末から株主優待制度を新設する。株価は戻り一服の形だが、大きく下押すことなく調整一巡感を強めている。
 
■鶏料理居酒屋「てけてけ」が主力
 
 首都圏中心に、鶏料理居酒屋「てけてけ」を主力として、和食料理屋「心」やハンバーガーショップ「the 3rd Burger」など、複数業態の飲食チェーンを展開している。店内仕込・調理と外部委託のバランスを追求して生産性向上を図るPISP戦略を特徴としている。18年2月期末時点の店舗数は69店舗である。
 
 なお7月13日に、第三者割当(アサヒビールおよび宝酒造)による新株発行を発表している。新規出店費用に充当するとともに、両社との関係強化や自己資本の充実を図る。
 
■19年2月期大幅増益予想
 
 19年2月期の非連結業績予想は、売上高が18年2月期比33.7%増の84億85百万円、営業利益が33.4%増の2億69百万円、経常利益が42.6%増の2億36百万円、純利益が32.8%増の1億31百万円としている。過去最高の新規出店(計画25店舗)効果、原価率改善効果などで大幅増収増益予想である。関西に初出店する。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比14.7%増の17億78百万円、営業利益が19.9%増の96百万円、経常利益が20.7%増の81百万円、そして純利益が8.5%増の47百万円だった。新規出店効果で2桁増収・営業増益だった。そして通期予想に対する進捗率は売上高21.0%、営業利益35.7%と順調である。通期ベースでも好業績を期待したい。
 
 なお株主優待制度を新設して19年2月末から実施する。1年超・1単元(100株)以上保有株主を対象として、保有株式数に応じて「お食事優待券」を贈呈する。初回の19年2月基準については半年以上保有株主を対象とする。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価(18年3月1日付で株式2分割)は、3000円台で上値がやや重くなり戻り一服の形だが、大きく下押すことなく調整一巡感を強めている。8月3日の終値は3015円、今期予想PERは約69倍、時価総額は約91億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線が下値を支えている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)