インフォメーション・ディベロプメント <4709> は、独立系の情報サービス会社で、システム運営管理事業やソフトウェア開発事業などを展開している。19年3月期第1四半期は大幅増収増益だった。そして通期も2桁増収増益予想である。株価は第1四半期業績を好感して急伸し、3月高値に接近している。上値を試す展開が期待される。
 
■独立系の情報サービス会社
 
 独立系の情報サービス会社で、システム運営管理事業、ソフトウェア開発事業、その他事業(セキュリティ製品販売など)を展開している。18年1月には医療系・カード系システム運用のフェスをセゾン情報システムズから譲り受けて子会社化した。
 
■19年3月期1Q大幅増益で通期も2桁増益予想
 
 19年3月期の連結業績予想は、売上高が18年3月期比13.3%増の263億円、営業利益が17.9%増の14億80百万円、経常利益が17.7%増の15億円、純利益が25.3%増の7億80百万円としている。金融分野の需要が高水準に推移し、子会社化したフェスの通期連結も寄与して2桁増収増益予想である。配当予想は18年3月期と同額の年間40円(期末一括)としている。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比23.9%増の66億34百万円、営業利益が3.4倍の3億96百万円、経常利益が3.5倍の4億24百万円、純利益が6.0倍の2億10百万円だった。
 
 システム運営管理は子会社化したフェスも寄与して29.0%増収、ソフトウェア開発は公共系大型プロジェクトも寄与して15.4%増収、その他はセキュリティ製品販売の増加などで30.3%増収と、いずれも好調に推移した。生産性向上や不採算案件発生防止などの取り組みも寄与して大幅増益だった。通期ベースでも好業績が期待される。
 
■株価は3月高値に接近
 
 株価は第1四半期業績を好感して急伸している。8月2日には1589円まで上伸した。そして3月高値1636円に接近している。8月3日の終値は1548円、今期予想連結PERは約22倍、時価総額は約186億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線と26週移動平均線を一気に突破した。上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)