アルトナー <2163> は、輸送用機器や電気機器分野を中心として、設計開発・ソフトウェア開発の技術者派遣事業を展開している。需要が高水準に推移して19年1月期2桁増益予想である。そして上振れ余地がありそうだ。株価は調整一巡して上値を試す展開が期待される。
 
■技術者派遣事業を展開
 
 輸送用機器や電気機器などの分野を中心として、機械設計開発、電気・電子設計開発、ソフトウェア開発の技術者派遣事業(常用型、登録型)および請負・受託事業を展開している。
 
■19年1月期2桁増益予想で上振れ余地
 
 19年1月期非連結業績予想は、売上高が18年1月期比7.0%増の61億70百万円、営業利益が12.8%増の7億68百万円、経常利益が11.8%増の7億72百万円、純利益が10.5%増の5億31百万円としている。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比8.4%増の14億99百万円で、営業利益が5.2%増の2億05百万円、経常利益が5.4%増の2億06百万円、そして純利益が4.1%増の1億42百万円だった。自動車・自動車部品メーカーを中心に技術者要請が増加し、主力の技術者派遣事業における稼働人員の増加、技術者単価の上昇で増収増益だった。
 
 通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高24.3%、営業利益26.7%、経常利益26.8%、純利益26.8%と順調である。需要が高水準に推移して通期予想に上振れ余地がありそうだ。
 
■株価は調整一巡して上値試す
 
 株価(18年4月1日付で株式2分割、18年7月3日付で東証2部から東証1部に市場変更)は、4月の上場来高値1367円から反落して1200円近辺でモミ合う形だが、徐々に下値を切り上げて調整一巡感を強めている。
 
 8月2日の終値は1152円、今期予想PERは約23倍、時価総額は約122億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインだ。調整一巡して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)