東京時間に112円台前半まで買われたドル円は、NY市場では反落。米長期金利が3%台に乗せたものの、日本の長期金利の上昇が意識され111円39銭までドル売りが進み、111円70銭近辺で引ける。ユーロドルは小幅に反落。1.17台が徐々に重くなり、1.1658前後まで売られる。株式市場は高安まちまち。アップルの好決算を材料にハイテク株が買われ、ナスダックは35ポイント上昇。一方ダウは81ドル下げる。債券は大幅に反落し、長期金利は約2カ月ぶりに3%の大台まで上昇。FOMC声明文で今後の漸進的な利上げ方針が堅持されたことが債券売りを誘った。金は続落。原油も在庫が予想以上に膨らんでいたことで大幅に続落。 7月・・・・

続きを読む