GA technologies <3491> (東マ)は、7月25日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、「テクノロジーXイノベーションで、人々に感動を。」をミッションに、ReTech(不動産テック)領域で急成長を続けるスタートアップ企業で、中古不動産流通プラットホーム「Renosy」の開発・運営、AIを活用した不動産業務支援ツール「Tech シリーズ」の開発・運営、不動産オーナー向けアプリ「Renosy InsightR」の開発・運営、中古区分マンションの投資型クラウドファンディングサービスの開発・運営を行っている。
 
 中古マンションプラットフォーム「Renosy」事業において、「Renosy」の機能強化や「Renosy」の知名度の向上を図ることで、会員数の増加と成約率の維持・向上を推進している。また、社内システム(「Tech Markenting」「Tech Supplier」「Tech Consul」「Tech Management」)の充実を図り、コスト削減、リードタイム短縮、1人あたりの生産性向上を実現している。
 
 今2018年10月期第2四半期業績実績は、売上高81億5900万円、営業利益2億7400万円、経常利益2億6400万円、純利益1億7100万円に着地。
 
 今18年10月期業績予想は、売上高174億3500万円(前期比82.4%増)、営業利益6億2600万円(同76.0%増)、経常利益6億0300万円(同79.3%増)、純利益3億9500万円(同53.0%増)を見込む。上場で調達した資金はリノシーの広告宣伝、技術者の採用に充てる予定で、年間配当は、無配を予定している。
 
 株価は、上場初日の7月25日公開価格2510円の2.3倍に相当する5780円で初値をつけ、同26日安値5440円を底に上昇。7月31日に不動産業務支援システムの外販を目指し、AIによる図面入り不動産広告(マイソク)の自動読み取りに関する機能を特許出願したと発表したことが買い手掛かり。全国12万社の不動産業者に向けた業務支援システム販売を目指すことへの期待感が高まったものだが、加えて、8月1日にWeWork Icebergに新拠点となる「GA X-Tech BASE」を開設すると発表したことも株価を刺激し、2日連続ストップ高と上昇に弾みがついている。短期資金が上手く回転しており、目先人気が続く可能性もありそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)