バンク・オブ・イノベーション <4393> (東マ))は、7月24日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、創業以来、動画検索事業、PC向けソーシャルゲーム事業を経て、現在はスマートフォンゲーム事業を展開している。累計ダウンロード数1,000万突破の「幻獣契約クリプトラクト」や最新作の「ミトラスフィア」など、高品質2Dグラフィックに特化したRPGアプリを提供している。基本無料(アイテム課金制)を採用、有料アイテムの売上が主な収益源となっているほか、自社IPを他社に提供し、IP利用料を受け取っている。
 
 同社は既存タイトルの拡大と新規タイトルの投入に注力している。12年9月に「征戦!エクスカリバー」、13年9月に「ポケットナイツ」、15年2月に「幻獣契約クリプトラクト」、17年8月に「ミトラスフィア」をリリースし、ゲームシステム改善や各種イベント施策を行っている。中でも「幻獣契約クリプトラクト」は国内累計800万ダウンロードを突破しており、本年2月にはサービス開始3周年を迎えたほか、最新作の「ミトラスフィア」においても国内累計450万ダウンロードを突破と好調に推移している。
 
 今2018年9月期第2四半期業績実績は、売上高26億9700万円、営業利益2億7000万円、経常利益2億6200万円、純利益1億8100万円に着地。クリプトラクトとミトラスフィアの連続ヒットによって経常利益は第2四半期累計で前17年9月期を大きく上回り好調に推移している。
 
 今18年9月期業績予想は、売上高47億8900万円(前期比19.7%増)、営業利益3億0700万円(同79.2%増)、経常利益2億7800万円(同74.2%増)、純利益1億9300万円(同2.7%減)を見込む。上場で調達した資金は、ゲーム開発・運営人員の採用費や人件費に充てる計画で、年間配当は無配を予定している。
 
 株価は、上場初日の7月24日に公開価格960円の2.1倍相当の2000円で初値をつけ、同25日高値2465円と上昇。同31日安値1670円と換金売りに下げている。収益性あるタイトル開発と自社IPの活用・確立に重点を置いており、高い収益が見込まれるほか、スマートフォンゲームコンテンツを活用したエンターテインメント領域への進出を目指しており、今後の展開に期待が持てる。8月に予定される今18年9月期第3四半期決算の発表を前に需給が改善し、下値が確認されれば買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)