ドル円は大幅に上昇。日銀の金融政策が継続されることや、米中が貿易戦争回避への交渉を模索しているとの報道で111円96銭までドル高が進む。ユーロドルは再び1.17を挟む水準まで値を戻し、依然レンジ内取引が継続。

 株式市場は反発。米国と中国が全面的な貿易戦争の回避を目指して交渉再開を模索しているとの報道を好感。ダウは108ドル上昇。下げが続いていたナスダックも41ポイント上昇。債券相場も反発。長期金利は2.96%台へと低下。金は4日ぶりに上昇。原油価格は供給過剰との観測から大幅に反落し、68ドル台まで売られる。 6月個人所得          → 0.4% 6月個人支出  ・・・・

続きを読む