東京市場のドル/円は、日本の長期金利が高止まりする中で円買いが優勢となり、一時110.90円台まで下落しました。日銀が午後に指値オペを通知して金利上昇をけん制すると111円台を回復しましたが、下落前の水準には戻せず、上値の重い展開となりました。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 7/27(金) 21:30☆4-6月期米GDP・速報値 22:00  6月・・・・

続きを読む