26日の原油先物市場は、サウジアラビアが紅海航路を利用した全ての原油輸出を一時停止していると発表したことを受けて買われ、3日続伸した。この日朝方の原油相場は外国為替市場でドルが対ユーロで上伸したことに伴い、ドル建てで取引される原油に割高感が生じたことから圧迫され、もみ合いとなっていた。しかし、複数のメディア報道によると、サウジの大型石油タンカー2隻がイエメンの反政府武装組織フーシ派による攻撃を受けたことを理由・・・・

続きを読む