キャリアインデックス <6538> は、前日26日に32円安の1470円と反落して引けた。同社株は、前々日25日に株式分割(1株を2株に分割)の権利を落とし、理論価格1434円に対して68円高の1502円と高く引けたが、同日大引け後に発表した立会外分売(分売予定株式数10万株、分売価格1459円)を嫌って反落したものだが、この立会外分売により東証第2部への指定替えの猶予期間が解除され、悪材料出尽くしになるとの観測が強まり、理論価格水準で下げ渋り、前場寄り付き直後の安値より大引けにかけ下げ幅をやや縮小させた。実際に観測通りに26日大引け後には、猶予期間入り解除を発表した。また、同社は、今年8月13日に今2019年3月期第1四半期(2018年4月~6月期、1Q)決算の発表を予定しており、今3月期通期業績の連続最高更新予想を見直し下値買いを誘っている。
 
■主力の転職情報サイトの登録人数が100万人、掲載求人数が200万件を突破
 
 同社は、今年7月10日に株式分割と東証第2部への指定替え猶予期間入り、さらに立会外分売の好悪両材料を発表した。このうち指定替え猶予期間入りは、2018年3月末で株主数が、東証第1部の上場規程の2000人を満たさなかったことが要因となった。この株主数充足のために立会外分売を実施したもので、7月26日10時に発表した立会外分売の終了により、同日16時には同日に猶予期間が解除されたと発表した。また株式分割は、同社の2016年12月14日の新規株式公開(IPO)以来、3回目となるが、早期に分割権利落ちを埋めた前例があり、この再現期待から分割権利取りが増勢となり、権利落ち当日は理論価格を上回る権利落ち状況となった。
 
 一方、同社の今3月期業績は、売り上げ27億7200万円(前期比15.6%増)、営業利益10億100万円(同32.7%増)、経常利益10億100万円(同36.7%増)、純利益6億1000万円(同31.1%増)と予想され、前期の過去最高業績を連続更新する。主力の転職情報サイト「CAREER INDEX」の会員登録人数が、今年2月7日に100万人を突破し、同9日に同サイトの掲載求人数が200万件を上回り、アルバイト・派遣サイト「Lacotto」の求人数も、前期に131万件(前々期実績100万件)と続伸、人材業界向けに出稿支援や出稿プラン作成を支援するB2Bの営業支援サービス「Leadle(リードル)」の提供を開始したことなどが、要因となる。8月13日に発表予定のこの立ち上がりとなる今期1Q業績が、「働き方改革関連法」の関連需要が期待される好事業環境下、どのような進捗率を示すか動向が注目されている。
 
■前回の株式分割時は早期に落ち分を埋め安値から大化けし権利付き高値も更新
 
 株価は、前回の昨年9月30日を基準日に実施した株式分割(1株を2株に分割)を歓迎して3450円高値まで買われ、2873円で分割権利を落とした。権利落ち後安値1250円からは、昨年12月14日の東証マザーズ市場から東証第1部への市場変更や、市場変更に伴う記念配当の実施、前期業績の上方修正、今期業績の連続過去最高更新予想などの好材料が相次ぎ、3470円まで買い進まれ分割権利落ちを完全に埋めるとともに、落ち後安値から2.77倍と大化けして落ち前の権利付き高値の3450円をオーバーした。今年7月10日発表の株式分割、自己株式立会外分売、東証第2部への指定替え猶予期間入りでは、好悪両材料の綱引きが意識され3000円大台を出没する展開となった。権利落ち後は、理論価格に対して高くスタートし、立会外分売実施では一時1446円安値と理論価格を下回ったものの即持ち直し反落幅を縮めた。前回の株式分割時の完全権利落ち埋めや、落ち後安値からの大化けの再現期待を高め上値追いに再発進しよう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)