ANAP <3189> (JQ)は、10~20代女性向け衣料・雑貨「ANAP」ブランドを主力とするアパレル会社である。中国本土への越境ECも開始した。18年8月期(連結決算に移行)は大幅増益予想である。株価は5月の年初来高値から反落したが調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。
 
■10~20代女性向け衣料・雑貨「ANAP」ブランドが主力
 
 10~20代の若い女性向け衣料・雑貨「ANAP」ブランドを主力とするアパレル会社である。16年4月スタートした再生プロジェクト第1段階(不採算店舗の整理、店舗の再生、粗利率の改善)に続き、第2段階(春夏利益偏重からフルシーズン型への転換に向けた秋冬商材強化)で収益改善・拡大を目指している。
 
 18年4月には中国本土への越境EC開始を発表し、5月に中国最大級ECショップ「vip.com」での販売を開始した。海外展開を本格化する。
 
 なお子会社ATLABの重要性が増してきたため、18年8月期第3四半期から連結決算に移行した。
 
■18年8月期大幅増益予想
 
 18年8月期連結業績予想(連結決算への移行に伴って7月10日公表)は、17年8月期非連結業績との比較で、売上高が1.0%増の69億13百万円、営業利益が62.7%増の3億30百万円、経常利益が66.8%増の3億36百万円、純利益が62.3%増の3億04百万円としている。
 
 売上高については粗利益確保を優先してEC販売における値引き合戦に積極的に参加しない方針のため横ばい予想だが、再生プロジェクトの効果で粗利率の改善が想定以上に進展している。好業績を期待したい。なお連結対象となる子会社ATLABの業績への本格寄与は19年8月期以降となる見込みだ。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価は5月の年初来高値1635円から反落したが、直近安値圏1000円台から切り返して調整一巡感を強めている。7月25日の終値は1167円、今期予想連結PERは約17倍、時価総額は約54億円である。週足チャートで見ると52週移動平均線近辺から切り返している。出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)