ウィル <3241> (東2)は関西圏を地盤とする不動産会社である。戸建住宅の開発分譲事業を主力として、リフォーム事業や流通事業も展開している。7月23日に一時的要因で18年12月期第2四半期累計の利益予想を減額修正したが、通期は据え置いて増益予想である。株価はモミ合い展開だが煮詰まり感を強めている。減額修正に対するネガティブ反応も限定的だ。なお8月9日に第2四半期決算発表を予定している。
 
■関西地盤で戸建住宅分譲が主力の不動産会社
 
 関西圏を地盤とする不動産会社である。戸建住宅の開発分譲事業を主力として、リフォーム事業や流通事業なども展開している。営業エリア拡大に向けて中部圏に進出している。
 
■18年12月期2Q累計の利益減額だが、通期は増益予想
 
 18年12月期の連結業績予想は、売上高が17年12月期比8.6%増の56億74百万円、営業利益が12.9%増の7億12百万円、経常利益が9.3%増の6億81百万円、純利益が8.5%増の4億49百万円としている。配当予想は50銭増配の年間13円50銭(期末一括)としている。
 
 7月23日に第2四半期累計の売上高予想を増額修正、利益予想を減額修正した。売上面では開発分譲事業が堅調に推移して計画を上回るが、利益面では18年6月発生の大阪北部地震に伴う緊急対応や進行中工事の遅延などにより、利益率の高いリフォーム工事の完了・引き渡しを下期に持ち越すことが影響する。
 
 ただし第2四半期末のリフォーム受注残高は前年同期比31.7%増の5億83百万円と高水準である。第2四半期累計の利益減額は一時的要因であり、通期ベースで好業績を期待したい。
 
■株価はモミ合い煮詰まり感
 
 株価は370円~380円近辺の小幅レンジでのモミ合い展開だが煮詰まり感を強めている。減額修正に対するネガティブ反応も限定的だ。7月24日の終値は376円、今期予想連結PERは約9倍、時価総額は約43億円である。モミ合い上放れを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)