ドル円は東京時間の夕方から下落し、NYでは再び111円を割り込む。中国の景気刺激策を受け、カナダや南アランドなど資源国通貨が対ドルで買われたことで、円も対ドルで上昇。その後やや戻して、111円台に乗せて引ける。ユーロドルは前日と同じく、1.17を挟んでもみ合い、方向感も掴めない。良好なドイツのPMIも材料にはならず。

 株式市場は上昇。好決算を発表したテクノロジー株やヘルスケア関連が買わ・・・・

続きを読む