BEENOS <3328> は越境EC事業を中核事業として、インキュベーション事業も展開している。18年9月期連結業績予想は非開示だが、越境EC事業が牽引して収益拡大を期待したい。株価は三角保ち合いの形だが煮詰まり感を強めている。
 
■越境EC事業が中核
 
 14年10月旧ネットプライスドットコムが現BEENOSに商号変更し、越境EC事業を中核事業と位置付けた。
 
 子会社デファクトスタンダード <3545> がインターネット上でブランド品など中古品の買取・販売、子会社BeeCruise(17年10月設立)が新規事業開発に特化したインキュベーション事業を展開している。一方で17年12月、非中核事業のネットプライスの全株式をオークファン <3674> に譲渡し、連結から除外した。
 
 7月19日には世界中のオーガニック商品を取り扱うマーケットプレイス「ナチュラカート」運営のcartへの出資合意を発表している。
 
■18年9月期収益拡大期待
 
 18年9月期第2四半期累計の連結業績は、中核事業の越境EC事業が牽引して売上高が前年同期比5.9%増の106億11百万円、営業利益が55.0%増の6億18百万円、経常利益が投資事業組合運用益も寄与して66.8%増の7億55百万円、純利益が関係会社株式売却益も寄与して3.6倍の3億72百万円だった。
 
 18年9月期通期の連結業績予想は非開示としているが、第2四半期累計の流通総額が226億円となり、通期計画の430億円に対して順調に推移している。なお7月11日には営業投資有価証券(dely株式)売却により、第4四半期のインキュベーション事業において売上高5.1億円、営業利益4.6億円を計上予定と発表している。通期ベースでも収益拡大を期待したい。
 
■株価は煮詰まり感
 
 株価は上値を切り下げる一方で、下値を着実に切り上げている。三角保ち合いの形だ。そして煮詰まり感を強めている。7月23日の終値は1695円、時価総額は約209億円である。
 
 週足チャートで見ると26週移動平均線突破の動きを強めている。上放れを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)