シンクロ・フード <3963> は飲食店の出店・開業・運営を支援するサイト「飲食店.COM」運営を主力としている。ユーザー数増加基調で19年3月期増収増益予想である。株価は6月の戻り高値圏から反落したが調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。
 
■飲食店支援サイト「飲食店.COM」運営が主力
 
 飲食店の出店・開業・運営に役立つサービスをワンストップで提供するサイト「飲食店.COM」運営を主力としている。飲食店向けに不動産、求人、食材仕入先などの情報を提供し、広告収入や利用課金が収益源となる。
 
 18年3月には飲食業界に特化したM&A仲介業・人材紹介事業のウィットを子会社化した。18年5月には経済産業省が選出する「攻めのIT経営銘柄2018」において「IT経営注目企業」に選定された。18年6月には顔認証で勤怠管理できるスマホアプリ「飲食店タイムカード」の提供を開始した。
 
 中期計画では23年3月期末の登録ユーザー数20万件、有料ユーザー数1.5万件、登録事業者数6000社を目指している。
 
■19年3月期増収増益予想
 
 19年3月期連結業績予想は、売上高が18年3月期比34.0%増の18億46百万円、営業利益が11.0%増の6億61百万円、経常利益が15.9%増の6億61百万円、純利益が22.1%増の4億44百万円としている。
 
 事業連携強化のための投資をさらに拡大して人件費や広告宣伝費が増加するが、主力の「飲食店.COM」登録ユーザー数が順調に増加して増収増益予想である。なお18年4月には登録ユーザー数が13万件を突破している。好業績を期待したい。
 
■株価は調整一巡感

 株価(18年4月1日付で株式3分割)は、6月22日の戻り高値1220円から反落したが、6月6日安値737円まで下押すことなく、800円台で推移して調整一巡感を強めている。7月23日の終値は879円で、今期予想連結PERは約53倍、時価総額は約234億円である。出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)