大和総研経済調査部主席研究員の齋藤尚登氏は7月19日に「債務削減と米中摩擦で景気は減速へ」と題したレポート(全8ページ)を発表し、2018年の中国の実質GDP成長率の予想を前年比6.5%から同6.6%に引き上げた。米中貿易摩擦によって成長率は若干押し下げられるものの、景気の下支え策はしっかりと打たれており、安定成長を維持するものと見通している。レポートの要旨は以下の通り。 ◆2018年4月~6月の実質GDP成長率は前年同期比6.7%と、1月~3月の同6.8%から僅かに減速した。1月~6月の景気が想定以上に堅調であったことを受けて、大和総研は2018年の中国の実質GDP成長率予想を従来の前年比6.5・・・・

続きを読む