昨日のドル/円は、約半年ぶりに一時113円台を回復したが、113.10円台で伸び悩むと112.70円台へと小反落。年初来高値(113.39円前後)を視界に捉えていたにもかかわらず失速した格好で、日足は上ヒゲがやや長い十字線で引けた。十字線は気迷い線とも呼ばれ、トレンドのターニングポイントになりやすいとされるだけに、本日は反落への警戒が必要かもしれない。
 しかし、「米経済最強」「米ドル最強」という市場の見方に変化がない限り、ドルが売り込まれる公算は小さいだろう。昨日高値(113.14円前後)を上抜ける展開となれば、年初来高値をあっさり更新する事も考えられる。いずれにしても、本日の動きが今後の相場展開を読む上で重要になりそうだ。
本日の予想レンジ:112.300-113.600円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)