クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は、クリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。19年2月期第1四半期は横ばいだったが、通期は増益・連続増配予想である。株価は5月の年初来高値圏から反落したが、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。 ■クリエイティブ分野中心にエージェンシー事業やプロデュース事業を展開 ・・・・

続きを読む