格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、関西国際空港とホーチミン市タンソンニャット国際空港を結ぶ直行便を12月14日から就航する。

  ホーチミン線の就航に先立ち、同社は関西国際空港とハノイ市ノイバイ国際空港を結ぶ直行便も11月8日から就航する。これにより、同社のベトナム~日本線は2路線となる。

  同路線はデイリー運航で、出発時刻はいずれも現地時間でホーチミン発便が1時40分(8時30分大阪着)、大阪発便が9時30分(13時30分ホーチミン着)。飛行時間は約5時間。

  なお、大阪~ハノイ線は、ホーチミン線と同じくデイリー運航で、出発時刻はいずれも現地時間でハノイ発便が1時40分(7時50分大阪着)、大阪発便が9時20分(13時05分ハノイ着)。飛行時間は約4時間となる。

  航空券は、公式ウェブサイトまたはモバイルサイト、フェイスブック(Facebook)ページで販売している。(情報提供:VERAC)