東京市場のドル/円は、前日の流れを引継ぎ112.70円台まで上昇しましたが、3連休を控えてさらに上値を追う動きは見られませんでした。午後は112.50-60円台でもみ合う展開となっています。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

7/13(金)
19:45 米JPモルガン・チェース4-6月期決算
20:30  カンリフBOE副総裁、講演
21:00 米ウェルズ・ファーゴ4-6月期決算
21:00  米シティ・グループ4-6月期決算
21:30  米6月輸入物価指数
23:00  米7月ミシガン大学消費者態度指数・速報値
25:30  ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演
未定 ☆米英首脳会談(ロンドン)

※☆は特に注目の材料

 材料面で手薄の上に、テクニカル面の過熱感(14日RSIが74%台)という逆風を跳ね返して、113円台へ上伸するとのシナリオは、週末だけに描きにくいところでしょう。どちらかと言えば、112円台で週足を着地させられるか(112円台が上ヒゲにならないか)のほうが気になるところで、来週以降の展開を読む上で今週の終値に注目しています。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.900-112.900円)

(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)