ドル/円は、多くの市場参加者の意表を突く形で112円台に上伸した。昨日、米国が2000億ドル相当に上る中国製品の追加関税リストを公表し、米中貿易戦争の激化懸念が高まったにもかかわらず、大きくドル高・円安に振れる事になった。世界的に株価が下落する中でのドル/円の「謎の上昇」について、その背景を探ってみたい。

 まずは、1)米6月生産者物価指数が予想以上の伸びを記録、2)原油や金が下落、3)2)にともなう資源国通貨の下落や人民元等新興国通貨の下落、などのファンダメンタルズ要因が挙げられている。

 また、4)リスク回避は円買いよりもドル買い、5)貿易戦争の勝者は米国、な・・・・

続きを読む