ドル円は続伸し、半年ぶりに112円台までドルが急伸。米中貿易戦争がさらに激化したことで、新興国通貨が対ドルで大きく売られたことで、対円にも波及。111円台半ばを超えたことからストップのドル買いも巻き込んで上昇したものと見られる。ユーロドルではドル高が進まず、1.1758までユーロが上昇。ユーロ円も、131円目前まで続伸。株式市場は大幅に反落。米中貿易戦争の激化でキャタピラーなど、中国関連銘柄を中心に幅広く売られる。ダウは219ドル下げ、2万4700ドル台に。債券相場は変わらず。長期金利も2.84%台で動かず。金はドル高により続落。原油は米中の貿易摩擦の激化で、世界経済の下押し要因になるとの懸念から大幅に・・・・

続きを読む