国内最大の乳業企業ビナミルク[VNM](Vinamilk)は、自社製品を世界5大陸の43か国・地域に輸出している。輸出先には、日本やカナダ、米国、オーストラリア、タイなど品質への要求が高い市場も含まれている。

 1997年から現在まで、VNMの輸出総額は20億USD(約2200億円)に達している。同社はこの数年、主要な輸出品目である子ども向け粉ミルクや練乳のほか、牛乳、食べるヨーグルト、飲むヨーグルト、果汁飲料なども輸出している。

 VNMは、国内で酪農場10か所を直営しており、同社が提携する外部の酪農場も含めて乳牛12万頭を確保しており、1日当たりの原乳量は750tに上っている。2020年には乳牛頭数を20万頭、1日当たりの原乳量を2倍へと増やす計画だ。また、工場を国内で13か所展開しており、毎年150億商品を生産している。(情報提供:VERAC)