東京市場のドル/円は、米国の対中追加関税リスト公表を嫌気して111円台を割り込みました。ただ110.70円台の前日安値付近で底堅く推移すると、午後にかけては買い戻しが入り、111円台を回復しています。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 7/11(水) 16:30 プラートECB専務理事、講演  21:00 メルシュECB専務理事、講演  21:30☆6月米卸売物価指数 23:00☆カナダ中銀、政策金利発表 23:00 5月米卸売売上高 23:00 5月米卸売在庫 23:30 EIA週間原油在庫統計  24:15☆ポロズ・カナダ中銀総裁、・・・・

続きを読む