統計総局(GSO)によると、2018年1-6月期の地域内総生産(GRDP)は多くの地域で急成長を見せており、中でも北中部地方ハティン省の成長率が最も高かった。

  GRDP成長率が+10%以上に達したのは、ハティン省のほか、◇紅河デルタ地方バクニン省、◇同ハイフォン市、◇同タイビン省、◇東北部地方バクザン省、◇同クアンニン省、◇西北部地方ラオカイ省、◇南中部地方ニントゥアン省、◇メコンデルタ地方ロンアン省。

  また、GRDP成長率が+8~10%未満だったのは、◇東北部地方タイグエン省、◇紅河デルタ地方ハナム省、◇同ニンビン省、◇南中部高原地方ダクノン省、◇同・・・・

続きを読む