投資をスマートに、かつ、グローバルに行いたい人のサポートツール「FIGS(フィグス)」が世界に先駆けて7月5日、日本でサービス開始した。「FIGS」は、「投資判断において、『誰を信じるか』『いつ投資するか』『どこに投資するか』について、分かりやすく、かつ、使いやすく提供するサービス」(FIGS Inc.Japan合同会社CEO ユージン・オング氏)。日本での普及については、SBI証券の協力を得て、初年度10万人の利用をめざす。

 「FIGSアナリストスコア」は、世界2300人のアナリストのレポートを過去15年間にわたって分析し、アナリストの予測(買い、売り、保留)と実際の株価を比較して予測の精度を計算し、予測の的中率を%で提供する。世界の7つの市場に上場している株式のアナリストレポートが対象。FIGSを使うことで、世界のアナリストの意見を投資判断材料に使うことができる。

 「FIGSセンチメントスコア」は、投資タイミングを教えてくれるツール。現在の市場と同じ動きをする過去の変動パターンを検出し、市場の参加者が恐れを感じたり、どん欲になっているかを0%(恐れMAX)~100%(どん欲MAX)で市場ごとに表示する。対象市場は、日本、アメリカ(NYSEとNASDAQ)、香港、台湾の5つの市場。それぞれの市場については、向こう1年間(3カ月ごと)の潜在的リターンと損失を予測した数値も示すこともできる。

 「FIGSリターントラッカー」は、投資すべき業界やテーマを教えてくれるツール。14の業界と19の投資テーマについて、今後のパフォーマンスを予測。投資テーマごとに関連銘柄を列挙し、日本、アメリカ、香港、タイ、台湾、インドネシア、シンガポールの7カ国のマーケットを対象に、アナリストの12カ月間の株価目標平均値と現在の株価を収集し、潜在的なリターンを算出して提供する。

 その他、投資を学ぶコンテンツとして、ビデオやインフォグラフィックなどを使った様々な学習コンテンツを提供。また、投資情報を集めてカスタマイズして提供する機能などを提供する。投資情報の提供で対応するデバイスは、PC、または、スマートフォン(Android/iOS)。サービス価格は月額1950円。

 FIGSのユージン・オング氏は、「投資情報は専門的で複雑な傾向があり、誰でも簡単に使えるものではないが、FIGSはできるだけ数値化して誰でもかんたんに活用できる形で情報提供する。たとえば、80%の確率で予測が当たってるアナリストの情報について、十分に信頼がおけると考えるか、90%以上でないと信頼できないと考えるかは、利用者の方々の判断によるが、買い推奨しているアナリストがどのくらいいるかということが具体的に分かることは、投資を判断する有効な材料になる」と語っている。FIGSは日本語情報を先行リリースの後、英語版、中国語版でのサービスを予定している。

 SBI証券の代表取締役社長の高村正人氏は、「SBI証券では9カ国の外国株式の取扱いがあるが、その利用ボリュームは合計しても日本株の18分の1の水準でしかない。外国株取引が進まない最大のネックは情報の壁にあると思う。整理され、分かりやすいFIGSの情報があると、外国株投資がグンと身近な対象になると期待している。将来的には、SBI証券の外国株取引画面にFIGSの情報を取り入れていくことも検討している」とした。

 FIGSは30日間の無料体験を実施している。また、SBI証券に口座を持っている人には1年間の契約でFIGS利用料3カ月分を割り引くキャンペーンを展開する。(写真は、スマート投資アプリ「FIGSローンチ発表会」。左から、FIGSのCOOレイモンド・チャン氏、SBI証券社長の高村正人氏、FIGSのCEOユージン・オング氏)