ニューヨーク原油先物市場は反落。
トランプ大統領がサウジアラビアに増産を求めたことを受けて、原油売りが進んだ。
しかし、一部産油国の生産水準は高まっていないことから、73ドル近辺で押し目買いが観測されており、原油先物の下げ幅は限定的であった。
CL_の終値は74.01ドル。

スポット金市場は反落し、約6ヵ月半ぶりの安値をつけた。
米国株高や長期金利の上昇を意識されたこともあり、安全資産としての金の需要が減少した。
また、米ドル高に加え、米国とEUの貿易摩擦が継続していることも売り材料となった。
XAUUSDの終値は1241.30ドル。(情報提供:東岳証券)