ニューヨーク原油先物市場は4日続伸。
米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した国内石油掘削リグ稼働数が前週比で4基減少し、原油供給量の低下が連想されたことから、
原油先物は再上昇した。CL_の終値は74.09ドル。

スポット金市場は反発。
外国為替市場でユーロ高・米ドル安に振れたことを受けて、安全資産としての金の需要が増大した。
しかし、米国株高や米長期金利の上昇を意識しての戻り売りが散見されたこともあり、上げ幅は限定的であった。
XAUUSDの終値は1252.20ドル。(情報提供:東岳証券)