相変わらず迷走するトランプ政権だが、保護貿易の動きがここに来て一層の激しさを増し、世界中に影響を与えようとしている。先月は歴史的なイベントとなった米朝会談や今年2回目となる米国金利の引上げなど様々な動きがあったが、7月は夏休みを控えて前半に大きな動きも予想される。保護貿易主義の動きや原油価格の上昇など、為替市場にどう影響してくるのか・・・。7月相場の動向を外為オンラインの佐藤正和シニアアナリスト(写真)に伺・・・・

続きを読む