ベトナムテレビ局(VTV)は28日、開催中の国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップ(W杯)ロシア大会の決勝戦をVTV6とVTV2で放送する際のテレビ広告料を引き上げると発表した。

  新料金は、決勝戦の30秒CMが8億VND(約388万円)、10秒CMは4億VND(約194万円)。決勝戦の関連番組と閉幕式は30秒CMが7億5000万VND(約364万円)、15秒CMは4億5000万VND(約218万円)となる。

  VTVで放送されたW杯決勝戦の広告料としては過去最高記録となる。前回(2014年)のW杯では30秒CMが3億5000万VND(約170万円)だった。準々決勝と準決勝の広告料も値上げされた。

  VTVは今月11日、W杯の各試合のテレビ広告料を発表していた。その時の30秒CMの広告料は、決勝戦が5億VND(約243万円)、その関連番組と閉幕式は4億5000万VND(約218万円)だった。半月で3億VND(約146万円)値上げしたことになる。

  広告業界関係者は、今回のW杯決勝戦の放送時間が午後8時半(ベトナム時間)から始まることや、人気のあるゲームショー番組のCM料金も2億~3億VND(約97万~146万円)となっていることなどから、値上げ後の料金設定を妥当と受け止めている。(情報提供:VERAC)