広州-香港間高速鉄道香港区間の「一地両検」実施のための「広深港高鉄(一地両検)条例草案」が6月14日、立法会本会議で可決した。難関とみられていた最終段階をクリアし、これで予定している9月の開通が確保されたともいえる。だが、非親政府派は草案可決を覆そうとする訴訟を申請するなど依然として開通を阻もうとしている。(編集部・江藤和輝)

  ■最終段階クリアで9月開通へ

 

 特区政府は昨年7月25日、「『一地両検』を3段階で実現する提案」を発表。(1)中国本土当局との協力措置の交渉、(2)全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会の批准・確認、(3)現地立・・・・

続きを読む