昨日のドル/円は1週間ぶりに110.60円台まで上昇した。東京市場では一時110円台を割り込む場面もあったが、根強いドル需要に支えられてNY市場で盛り返した。米株高や米長期金利の上昇に加え、米企業による海外利益還流(リパトリ)の動きが出たとの観測もある。
 ドル/円は本日も、四半期末に絡む実需のドル買い観測などから110円台前半では底堅く推移しそうだ。一方で、週末・月末を控えてポジション調整の動きも出やすいと見られ、月初来高値の110.90円前後から節目の111円ちょうど前後は上値抵抗となりそうだ。
 本日の予想レンジ:110.000-111.000円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)