アジャイルメディア・ネットワーク <6573> (東マ)は18年3月東証マザーズに新規上場した。企業のプロモーション向けにアンバサダーを育成・活性化するファン発見・活性化・分析サービス「アンバサダープログラム」を提供している。18年12月期大幅増収増益予想である。株価はIPO人気が一巡して安値圏だが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。
 
■「アンバサダープログラム」を提供
 
 18年3月東証マザーズに新規上場した。好きな企業やブランドの魅力を自発的に口コミで身近な人に伝えるファンをアンバサダー(大使)と定義し、企業のプロモーション向けにソーシャルメディアや体験を通じてアンバサダーを育成・活性化するファン発見・活性化・分析サービス「アンバサダープログラム」を提供している。
■18年12月期大幅増収増益予想
 
 18年12月期の非連結業績予想は、売上高が17年12月期比34.9%増の9億90百万円、営業利益が90.2%増の1億26百万円、経常利益が67.9%増の1億13百万円、純利益が53.0%増の97百万円としている。
 
 第1四半期は売上高が2億11百万円、営業利益が14百万円、経常利益が4百万円、純利益が2百万円だった。進捗率が低水準の形だが、通期ベースではストック型収益の積み上げも寄与して大幅増収増益予想としている。通期ベースで好業績を期待したい。
 
■株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階
 
 株価(初値3月30日1万5470円)は、6月28日に7140円まで下押して5月15日の安値7220円を割り込んだ。IPO人気が一巡して安値圏だ。IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。6月28日の終値は8330円、今期予想PERは約54倍、時価総額は約56億円である。 (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)