農業農村開発省によると、ベトナム産の冷凍豚肉が公式なルートを通じて海外市場に初めて輸出された。ベトナムはこれまで、非公式な輸出ルートを通じて生きた豚だけを中国に輸出していた。

  これに先立つ5月末に、ベトナムとオーストラリアの合弁会社マービン(Mavin)は、大手総合商社である双日株式会社(東京都千代田区)のベトナム現地法人双日ベトナム(Sojitz Vietnam)との提携により、ミャンマーに冷凍豚肉を輸出した。輸出価格は国内市場の販売価格を上回り、世界の平均価格よりも+15%割高となっている。

  マービンは今後、冷凍豚肉26t以上を毎月ミャンマーに輸出する見通しで、製品多様化に向けてハムやソーセージ、ベーコンなどの豚肉の加工品も輸出する予定だ。また、双日ベトナムとの協力により世界各国への農産物輸出を目指している。(情報提供:VERAC)