ヴィスコ・テクノロジーズ <6698> (JQ)は画像検査処理装置のファブレスメーカーである。19年3月期はスポット案件一巡や戦略的投資負担の影響で減益予想だが、やや保守的だろう。株価は水準を切り下げたがほぼ底値圏だろう。反発を期待したい。
 
■画像検査処理装置のファブレスメーカー
 
 画像検査処理装置の製造販売を展開し、コネクタ検査用など電子部品業界向けを主力としている。自社で製造機能を持たないファブレスメーカーである。中期経営計画では、21年3月期の売上高50億50百万円、経常利益7億70百万円、純利益5億30百万円、ROE17.8%を目指している。
 
■19年3月期減益予想だが、やや保守的
 
 19年3月期の連結業績予想は、売上高が18年3月期比4.3%増の34億50百万円、営業利益が22.6%減の3億60百万円、経常利益が21.0%減の3億30百万円、純利益が23.8%減の2億30百万円としている。
 
 主力のコネクタ検査用が堅調に推移し、新規MEMS用途も立ち上がるが、18年3月期に大幅増加したその他電子部品用のスポット案件が一巡し、利益面では研究開発などの戦略的投資負担が影響する見込みとしている。ただしやや保守的だろう。
 
■株価はほぼ底値圏
 
 株価(18年4月1日で株式8分割)は水準を切り下げて6月26日には2119円まで下押した。ただし17年12月IPO時の安値1663円に接近してほぼ底値圏だろう。6月27日の終値は2200円、今期予想連結PERは約57倍、時価総額は約131億円である。反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)